INTERVIEW インタビュー 「私の新しい“矯正ライフ”が始まる」
印象的な笑顔を手に入れた毎日
患者様との矯正治療についての矯正医にインタビュー。
多くの患者様が疑問に思っていることや聞きたいことなどをリアルの声でお届けします。
ライフ歯科・矯正歯科 矯正医
院長 大西 清知 KIYOTOMO ONISHI
モデル
橘 麻保 MAHO TACHIBANA

患者様の要望に合わせて、
快適な矯正治療を実現したい。

矯正治療の選択肢が豊富にしているのはなぜですか?
患者様のお口の状態や症例により、一人ひとりニーズも目標も様々です。ですので、矯正治療は、多くの選択肢が必要で、それらの組み合わせて治療を進めることが重要となってきます。例えば、モデルをお仕事としてされている方でしたら、見た目が気になるので、見えない裏側矯正や、取り外しが可能なマウスピース矯正や、またワイヤーを選択されている方でも、歯に固定する装置を透明なものや白色のものを使用して目立たなくするなど、審美的な工夫ができます。
歯を抜かないで矯正できるのですか?
当院では多くの方に歯を抜かない矯正治療を行っています。見た目を良くするという理由で健康な歯が無くなってしまうのは、長い将来を考えると、できれば避けたいことです。その為に、さまざまな方法で現状をよく理解した上で、患者様に合わせた最適な矯正方法を選択するようにしています。その方法のひとつに、最小限の力で歯を動かすために、インプラント矯正を併用して歯の固定源として利用し、矯正を行うことがあります。また、マルチループアーチワイヤーという歯を抜かないだけでなく、短期間治療が実現できる治療方法を採用しており、幅広い患者様に喜んでいただいております。 
咬み合わせを中心に矯正治療を行っているのはなぜですか?
当院では矯正治療の考え方として、勿論見た目が重要ですが、咬み合わせを本質と捉えています。オーストラリア咬合学の咬合理論から習得した咬み合わせによる技術で、顎の筋肉や骨にかかる運動力学から歯並びへの影響を精密検査で診断し、人間が本来持つべきお口や筋肉の状態へ導きます。美しい歯並びを実現できるように、毎日の咬み合わせを正常化していくことが重要なので、顎機能のアプローチを中心に行っています。

患者様のライフスタイルを考えて、
生涯きれいな歯並びを提案する。

正しい矯正医選びを教えてください。
信頼できる矯正医には、治療技術や知識だけでなく、治療計画の説明や治療期間、費用の明確な説明が必要です。患者様のライフスタイルも様々で、経済的に負担になることや、治療期間が長くなること、本当に有効な治療方法なのかを考えなければいけません。また、矯正治療の最終目標をどこに求めるのかによっても大きく変化します。精密検査により一人ひとりのシミュレーション作りを行い、治療プランを重視しています。
ライフ歯科・矯正歯科さんのウリを教えてください。
当院の強みは、非抜歯の矯正治療です。歯を抜かず矯正治療を行えるということが患者様に喜ばれて多くの方にご来院いただいております。同時にインプラントと矯正装置の組み合わせの柔軟な治療方法で行っているので、治療期間の短縮や費用の軽減などを考えて研究を積み、患者様に合わせた治療を行うことができます。
マルチループアーチワイヤーってなんですか?
治療期間の短縮できる最先端の治療をご紹介しています。中でも、ワイヤー矯正は治療期間が長くかかることが多いですが、当院ではマルチループアーチワイヤーというワイヤー矯正があり、ループで自由に歯を移動できます。利点として従来より治療期間が短縮できるところがあり、患者様に大変喜ばれています。
院長 大西 清知
ライフ歯科・矯正歯科 矯正医
院長 大西 清知 KIYOTOMO ONISHI

1973年大阪市生まれ、1998年に朝日大学歯学部卒業した後、大阪大学歯学部第二口腔外科に入局。主に顎関節症・顎骨骨髄炎の治療と研究に従事する。2000年、りんくう総合医療センターへ出向して、一般外来や病棟勤務を担当。特にインプラントや顎骨骨折治療等の治療を専門に行う。2002年 京都たけざわ歯科にて 副院長(京都市中京区)となり、『歯を抜かない矯正治療』をモットーに歯列矯正治療やかみ合わせ治療を重点的に行う。2006年、 大阪市心斎橋にてライフデンタルクリニック開院。「歯を抜かない矯正治療」を中心に、小児の歯列矯正治療だけでなく成人への歯列矯正治療にも注力して治療にあたっている。大阪大学歯学部付属病院時代の歯科医師仲間と共同でスタディーグループClub GPを創立。現在も講演会活動や歯科専門誌への執筆、翻訳等を共同で精力的に行っている。

【所属学会】
Club GP Faculty Member 
FOX 理事 コースインストラクター
日本矯正歯科学会 会員日本歯科審美学会 会員
日本口腔インプラント学会会員
日本口腔外科学会 会員 日本顎関節学会 会員
【講演・セミナー】
2017年 Asia Dental Alliance APAC Conference (台湾)講演
2015年 Asia-Pacific Study Clubs Conference(シンガポール)講演
2014年 第1期Global Program(ロサンゼルス)講演
2011年 PEC&Club GP 東日本大震災義援カンファレンス講演
2010年~2014年 FOX総合診断コース コースインストラクター
【著書・論文・学会】
2015年 第26回日本歯科審美学会学術大会
矯正および修復治療により咬合高径の垂直的左右差を改善した一例(ポスター)
2014年 Plastic-Esthetic Periodontal and Implant Surgery: A Microsurgical Approach
Otto Zuhr著「拡大写真で見るペリオとインプラントのための審美形成外科」共訳
2013年 歯界展望9月号 インプラントにおけるプラットフォームスウィチングの効果
2011年 別冊QDT Art&Practice CAD/CAM YEAR BOOK 2011 海外論文編 共訳
2000年 顎関節症III型におけるモビリゼーション療法と穿刺療法の比較 日本顎関節学会雑誌ハ巻12号
2000年 顎関節円板内側転位例の臨床的観察. 日本口腔科学会雑誌巻49号6ページ446